TOPに戻る
株式会社イー・エヌ・イー(ホーム)
ホーム システムご案内 規約 会員入口 一般入口
一般用銘柄情報

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
前の日 | 今日 | 次の日
6月20日(金) 更新(13:39)
(1916)日成ビルド   305円  +4円(6/18年初311円)


6月16日会員欄でのコメント   『 日成ビルド(東1) 299円 +5円13年高値303円まであと1円と迫る302円まで上昇。日経平均は200円近くの大幅安なれど、買い板の方が厚く下値も限定的と考え、このまま強気買いを続行とします。6/11(IT子会社設立)6/6(目標修正)5/26(目標引き上げ)5/20(上限5億円・上限250万株自社株買い・セグメント解説)5/13(通期決算・目標引き上げ)4/16(中期経営計画数字について)4/1(不動産価値創造の流動化ビジネス会社として)3/17(立体駐車場を負担金ゼロで始める同社の不動産流動化サービス)3/6(業容変貌中・中期経営計画からの今後の展望)2/11(第3四半期・目標引き上げ)1/17(強気買い開始)検索チェック。株価目標@320円(06年高値)A・・・』




6月11日会員欄でのコメント   『 日成ビルド(東1) 289円 +7円昨日、グループのIT戦略や業務効率化を進めるためにIT関連子会社を設立すると発表。採算性や収益性を高める施策として良い事。同社も左の肩5/27・294円を抜くと昨年303円をいよいよ抜きます。今日の動きから303円抜けを意識し始めたと考え、このまま静かに強気買い。303円を抜くと板が厚くても一旦飛ぶかも。6/6(目標修正)5/26(目標引き上げ)5/20(上限5億円・上限250万株自社株買い・セグメント解説)5/13(通期決算・目標引き上げ)4/16(中期経営計画数字について)4/1(不動産価値創造の流動化ビジネス会社として)3/17(立体駐車場を負担金ゼロで始める同社の不動産流動化サービス)3/6(業容変貌中・中期経営計画からの今後の展望)2/11(第3四半期・目標引き上げ)1/17(強気買い開始)検索チェック。株価目標は@320円(06年高値)A・・・』




5月20日会員欄でのコメント   『 日成ビルド(東1) 245円 +3円自社株買いを発表。上限5億円で上限250万株取得予定。前期セグメント、@システム建築→売上190億円でセグメント益は28.2億円。プレハブ建築など好調です。A総合建築→小川建設を買収し早々に利益寄与開始。売上148億円、セグメント益2.8億円。B立体駐車場→売上80億円でセグメント益6.7億円。このバランスの良いセグメントを見ると、鴻池やワールドIT・ニチリンなどとともに死角なし。受注残も前期比3%増の193億円と文句なし。同社もシノケンGのようになるか、もう一度220円前後に押すかの分岐点です。押せば押したで強気買いですが、自社株買いで押しの可能性が低くなったと思います。するとです。強い上昇サインは日足の最後の抵抗線253円以上で引けると点灯します。今週来週は日経平均を必要以上に注意しながら、255円を抜けば強気買い開始するように。1月年初283円か11月303円にストレートに向かうと思います。5/13(通期決算・目標引き上げ)4/16(中期経営計画数字について)4/1(不動産価値創造の流動化ビジネス会社として)3/17(立体駐車場を負担金ゼロで始める同社の不動産流動化サービス)3/6(業容変貌中・中期経営計画からの今後の展望)2/11(第3四半期・目標引き上げ)1/17(強気買い開始)検索チェック。株価目標・・・・』




5月13日会員欄でのコメント   『 日成ビルド(東1) 221円 +2円前期は、売上64%増の418億円、営業益25%増の23.2億円、経常25%増の24.9億円、純益17.5億円、一株純益26円。営業益25億円の当初目標には未達ながら経常は計画通り、純益はオーバーして着地。良い決算でした。注目の今期は、売上470億円、営業益32.5億円、経常32.5億円、純益20.5億円、一株純益30円予想と発表。配当は前期2円増配で7円配当で、今期も2円増配の9円配当予定と発表。ちなみに前期の数字は中期経営計画の数値目標を上振れて着地です。今期数値は売上だけ上方修正しました。多分、今後利益も上方修正となれるでしょう。もし押しても200〜215円が強いサポートでそのレンジは強気買い対応ゆえに、新規もナンピンも明日はこのまま買いとします。強気の買いは2月から延々と続く250円を抵抗線とするレンジを抜け出してからとします。4/16(中期経営計画数字について)4/1(不動産価値創造の流動化ビジネス会社として)3/17(立体駐車場を負担金ゼロで始める同社の不動産流動化サービス)3/6(業容変貌中・中期経営計画からの今後の展望)2/11(第3四半期・目標引き上げ)1/17(強気買い開始)検索チェック。株価目標@300〜320円(06年高値)A・・・。』




4月16日会員欄でのコメント   『 日成ビルド(東1) 240円 +12円同社も日経平均の暴落とはほぼ無縁でした。230〜240円レンジを中心にしての踊り場で日経平均の暴落をやり過ごしています。ここからゆっくりと日足の最後の抵抗線の253円抜けに再挑戦(4/4・252円で抜けに失敗)と考え強気ながらもゆっくりと買い対応。前期は計画通りか少し上振れて着地ながら、今期予想は中期経営計画通りに強気の数字を発表のはず。その今期計画数字は売上400億円、営業益32.5億円、純益20億円です。しかし前期予想は営業益は25億円で純益は14億円なれど売上は今期計画をすでに前期上回る420億円の予想。ニチリンのように中期経営計画の数字以上の今期予想を打ち出すかもしれません。いずれにしても今期大幅増収増益発表はほぼ確実です。同社も253円を抜けばそのまま強気買い一貫に転換とします。4/1(不動産価値創造の流動化ビジネス会社として)3/17(立体駐車・・・』


6月20日(金) 更新(13:22)
(3302) 帝国繊維   2226円  −26円(6/18年初2317円)


5月29日会員欄でのコメント   『 帝国繊維(東1) 1982円 +90円新値を更新。私の最大目標は1900〜2000円。今日でその最大目標も達成。ここからは更にお好きに。5/15(後はお好きに。目標引き上げ)5/13の決算のコメントを。』




5月13日会員欄でのコメント   『 帝国繊維(東1) 1440円 +20円第1四半期、売上60%増の169億円、営業益2.5倍の48.8億円、経常2.5倍の49.9億円、純益2.5倍の31.1億円、一株純益119円と、ニチリン同様スタートダッシュに同社も成功しました。またニチリンと同じく第2四半期の開示予想はないものの、12月通期のそれぞれ370億円、77億円、78億円、48億円、183円に対し、進捗文句なしです。同社の場合は、今期をわずかに減益の予想としていますが、第2で通期を上方修正し、前期比増益予想に転換することでしょう。セグメントは、@防災→消防ホースなどの防災資材向けに好調で、売上143億円でセグメント益48.8億円。A繊維→売上24億円でセグメント益1.8億円。同社の場合は、消防庁など官公庁や学校公共施設などがメイン顧客ゆえに第1四半期に利益が集中するものの、依然として売掛金が157億円あるので、通期は十分に上方修正できると思います。ニチリンほどのサプライズや今後の大化け期待は無いから、明日買いとしても小さく。押せば押したで1200〜1300円で買い対応。1500円台に入れば静かに年初1692円を抜くでしょう。1/21(目標の引き上げ)1/20(目標すべて達成で再設定)11/18(目標修正)11/14(第3四半期と目標引き上げ)検索チェック。株価目標@1600円A1900〜2000円は、@1600〜1700円A1900〜2000円とします。』




1月20日会員欄でのコメント   『 帝国繊維(東1) 1375円 +77円同社の判断が難しいのは、今年も防災用ホースなどの需要が前期同様に続くのかどうかと言う点です。各自治体などの消防ホースなどの拡充はピークを終えた可能性もあります。正直、2月発表の今12月通期を見ないとここから更に強気買いとは言えません。しかし、今日も高値更新でも今はまだやっとBPSである点と、まだレシオ8倍である点を評価して、まだ小さいながらも買い対応継続とします。株価目標@1100円A1300円はすべて達成したために、株価目標@1500〜1600円(レシオ10倍)とします。2月の決算で再考します。11/18(目標修正)11/14(第3四半期と目標引き上げ)7・・・』




11月18日会員欄でのコメント   『 帝国繊維(東1) 1010円 +41円同社も年初更新。ただし少し上値が重いかもしれないからここでは慎重に。1000円を割れるようなら950円前後で買い対応するように。株価目標@1000〜1100円(一株資産)A1300円は修正し、@1100円A1300円とします。来期の数字をみてから最大目標を引き上げるかどうかは判断します。11/14(第3四半期と目標引き上げ)7/14(第1四半期と目標修正)3/29検索チェック。』




11月14日会員欄でのコメント   『 帝国繊維(東1) 959円 +22円第3四半期、売上16%増218億円、営業益105増46.1億円、経常10%増47.3億円、純益18%増29.4億円、一株益112円で終了。どう考えても、12月通期の減益予想のそれぞれ、300億円、50億円、50億円、30億円、114円は上方修正となり増益に転換となるでしょう。【セグメント・@防災→売上167億円でセグメント益47.1億円。A繊維→売上46億円でセグメント益4億円。B賃貸→売上3億円でセグメント益2.4億円】。まだ自治体などの防災インフラ需要は続くと思いますから、来期を見据えても好調と思います。一株資産は1200円。不動産賃貸利益が2億円もあるくらいですから当然財務は強固です。すでに年初を更新。打診買いして、押せば940円前後で追加。明日以降も強いなら、このままじりじり高値追いと考えそこも追加。株価目標@820〜830円A950〜1000円B1200〜1250円はAに突入で修正し、@1000〜1100円(一株資産)A1300円とします。来期の数字をみてから最大目標を引き上げるかどうかは判断します。』


6月20日(金) 更新(13:16)
(6055) Jマテリアル   2841円  +89円(年初更新中)


6月12日会員欄でのコメント   『 Jマテリアル(東1) 2646円 +111円連日年初更新。しかしまだ過熱感は無し。昨日から買い場探しは慎重にと言いましたが、今日の上げで今日からは半身の構えでいつでも逃げる準備をしながら小さく慎重に投資とします。13年2919円の上場来をいよいよ抜きそう。上場来を更新寸前となれば買いは完全にストップし売り場探しに転じるように。昨日のコメントを読み直して下さい。株価目標@2700円A2900〜3000円(上場来2919円)は@をも視野にしたので修正し、株価目標@2900〜3000円(上場来2919円)とします。』




6月9日会員欄でのコメント   『 Jマテリアル(東1) 2476円 +75円高値2494円。年初を更新。今日から昨年来の週足引け新値に。SQを控えていますが、そもそもSQ云々で売りが出るほど商いもできていませんから、他の商いの少ない銘柄と同じでSQへの警戒の必要なしと考え、このまま静かに買い場探し継続とします。ただし、ここからは大玉の強気買いは押し目でのみ行うように。このまま買い場探しでもここからは慎重に小さく買いに転換しましょう。6/5(目標引き上げ)5/13(通期決算・セグメント解説・目標修正)4/21・3/15(3月通期上方修正と目標再設定・会社解説)。株価目標@2500〜2600円A2900〜3000円(13年上場来2919円)は@視野で修正し、@2700円A2900〜3000円(上場来2919円)とします。最大目標は四半期の進捗を見て引き上げるかどうか考えます。』




6月5日会員欄でのコメント   『 Jマテリアル(東1) 2337円 +81円年初更新。しかし商いが相変わらずの超薄商いですから、連騰はしないと仮定しながら強気でも静かな買い場探し継続。今日マドを空けているから2300円割れを強気買いと今日の高値を明日抜けばそこも強気買い(静かにゆっくりと。板は超薄いままですから)。5/13(通期決算・セグメント解説・目標修正)4/21・3/15(3月通期上方修正と目標再設定・会社解説)。株価目標@2400〜2500円A2800〜3000円(13年上場来2919円)は@を視野にしたので修正し、@2500〜2600円A2900〜3000円(13年上場来2919円)とします。最大目標は四半期の進捗を見て引き上げるかどうか考えます。SP。ちなみに週足も日足も、昨日申し上げた通り今日ここからが上げ本番入りです。』




5月13日会員欄でのコメント   『 Jマテリアル(東1) 2172円 −9円前期は、売上9%増の92.9億円、営業益81%増の18.7億円、経常72%増の19.6億円、純益69%増の12.1億円、一株純益226円。満点の着地です。半導体製造工場中小型ディスプレイ製造工場向け特殊ガス需要好調。更にそれ工場向けの保守管理オペレーション業務順調でこれら@エレクトロニクス関連事業で売上7%増の85億円、セグメント益66%増の21.6億円と高収益。この高収益ビジネスモデルは鴻池運輸のソリューションと同じ。安定し高い利益を会社にもたらしてくれる独自のビジネスモデル。似たようなモデルは他にH&Fも。Aグラフィックソリューション事業もPC、デジタルサイネージ向けなどに好調で売上7.9億円でセグメント益1.3億円でした。ほぼ満点。今期は売上100億円、営業益20億円、経常20億円、純益12.5億円、一株純益222円予想と発表。東芝が大規模半導体工場の建設を決定したように半導体工場向けの特殊ガス需要とソリューション提供は拡大のはず。またスマホ新製品が夏以降相次いで投入のために、今S高気配のエスケーエレク同様に、スマホの中小型パネル製造工場向けの特殊ガス等の需要増となるはずですから、この今期の予想数字は今期最低の目標くらいに考えていて良いでしょう。ここは打診買い。2300円回復(中段持ち合い離脱サイン)から本格買いするように。またもし1700〜1850円に押すようであれば、そこは天与と考え強気買い。ただ今の時点ではその深押しは無いかもしれません。4/21・3/15(3月通期上方修正と目標再設定・会社解説)。株価目標@2500〜2700円A2900〜3000円(上場来2919円)は少し修正し、@2400〜2500円A2800〜3000円(13年上場来2919円)とします。上場来以上は四半期を今後確認しながら。SP。詳細は決算発表のピーク通過後に。』




3月15日会員欄でのコメント   『 Jマテリアル(東1) 2122円 −57円同社は特殊ガスの供給装置を開発製造したり配管設計施工管理などをトータルで行う会社です。昨日3月通期を上方修正しました。売上87⇒91億円、営業益15⇒17.5億円、純益9⇒11.2億円、EPS169円⇒210円に修正。同社は今期2期ぶりの最高益更新の予定でしたが、更にその最高益を上積みすることになりました。当然重要なのは来期も好調かどうかですが、まずはこの最高益積み増しを評価して買い対応。2250円を抜いて引けると斜行で13年9月高値2919円を抜きにかかるでしょう。また同社の主要顧客は半導体・液晶ディスプレイ・リチウムイオン電池などの製造メーカーです。取り扱う特殊ガス・バルクガス・超純水などはこれらの製造過程で必要不可欠な製品群です。消費税の影響は軽微と考えて良いでしょう。また新規事業として開始したグラフィックスソリューション事業が順調に成長中です。また同社もVTHDやH&Fなどと似ています。この高収益を支えているのは、単に特殊ガスなどの特殊な製品を製造販売していることではありません。その高い開発力や技術力を活かして、保守やメンテナンスのオペレーション部門を地道に成長させたからです。つまり、多少製品売り上げが落ちても、オペレーション部門で安定した収益を確保できるということです。プレス機や自動車の販売利益が丸のまま経常以下の利益に計上できるH&FやVTHDと同じ構図が同社にも垣間見えるということです。ですからこのまま強気買いとします。株価目標は@2500〜2700円A2900〜3000円(上場来2919円)とします。3000円以上は来期の数字を確認後に考えます。SP。ちなみに12年にコメントの時の株価目標は13年にすべて達成済みですから(13年株式2分割済みで分割前に直すと昨年の高値は約6000円)。』


6月20日(金) 更新(13:12)
(9768)いであ   1494円  +6円(6/12高値1640円)


6月2日会員欄でのコメント   『 いであ(JQ) 1445円 +105円年初を更新し05年の1485円も抜きました。次は99年の1700円。ただしここからの買いは慎重に。いつでも逃げられるように半身姿勢での投資に変更するように。5/26(目標引き上げ)5/20・5/8(サプライズの第1四半期スタートダッシュ・解説・目標引き上げ)5/1・4/21(第2四半期と通期を上方修正)11/18(12月通期上方修正)11/12(第3四半期と内容解説と目標)。株価目標@1500円(05年高値1485円)A・・』




5月26日会員欄でのコメント   『いであ(JQ) 1259円 +41円高値1266円。年初を更新。13年高値1300円をこのまま抜いて05年の1485円ないし1500円に向かうと考え、まだこのまま買いで良いでしょう。5/20・5/8(サプライズの第1四半期スタートダッシュ・解説・目標引き上げ)5/1・4/21(第2四半期と通期を上方修正)11/18(12月通期上方修正)11/12(第3四半期と内容解説と目標)。株価目標@1300円(13年高値)A1500円(05年高値1485円)B1700〜1800円(99年高値と一株純資産)は@を目前としたので取り外し、@1500円(05年高値1485円)A・・・』




4月21日会員欄でのコメント   『 いであ(JQ) 930円 −12円第2四半期を上方修正。売上120億円、営業益21.8億円、経常21.8億円そのままに、純益13.6⇒18.1億円、EPS190円⇒253円に修正。12月通期もそれぞれ、160億円・14.3億円・14.3億円そのままに、純益8.7⇒13.2億円、EPS121円⇒184円に修正。修正の理由は固定資産譲渡益計上のため。いずれにしてもこれで業績安心感醸成。官公庁向け中心に環境コンサルの会社ゆえに、第2四半期に利益が集中。BPSは1600円くらいになるはずです。しかし、すぐに反応するかどうか不明ゆえに、明日の買いはまだ慎重に小さく。日足の最後の抵抗線1000円を抜くような気配を確認してから強気買いするように。ちなみに1000円を回復で日と週足のすべての抵抗線を払います。2月1130円や13年1300円抜けに1000円回復から向かい始めると思います。それに夏以降に政府は追加の財政出動を行うでしょう(景気対策を)。同社は環境インフラの景気対策関連株でもあります。11/18(12月通期上方修正)11/12(第3四半期と内容解説と目標)。株価目標@1000〜1050円A1200〜1300円(2013年と2011年ダブルトップ)B1450〜1500円(05年高値1485円)はこのままとし、5/7発表の第2四半期の内容解説の際に再考します。それまで少しお待ちください。小さくSP。』


6月20日(金) 更新(13:07)
(9757) 船井総研   907円  −2円(年初更新中)


6月11日会員欄でのコメント   『 船井総研(東1) 866円 +4円鴻池ばりに亀のように年初を更新中。毎日見ていないと上げているかどうかさえ気が付かいほどの亀の歩み。といってもそれが同社の習性です。12年11月から13年5月までほぼ一貫して短い週足陽線(月足も)を連続して上昇し、昨年9月から12月も同じ。そして今回も前々回が6か月でしたから、今回も5〜6か月亀の歩みで上昇を続けるでしょう。ちなみに今月は3か月目。第1四半期発表前後までの7〜8月まではこのまま上昇と考えこのまま静かに強気買い継続。昨年高値868円にタッチ。このまま昨年来も更新して行くでしょう。6/5(目標修正)4/30(第1四半期好スタート)3/31・1/30(12月通期決算・目標引き上げ)10/30(第3四半期と内容と目標引き上げ)7/29(第2四半期と目標)。株価目標は@900〜930円A・・』




6月4日会員欄でのコメント   『 船井総研(東1) 843円 +5円年初を更新。ま〜本当に亀のように静かにゆっくりと13年12月高値868円抜けに向かっています。同じく亀のようにゆっくりとしかしながら強気で買い対応継続。4/30(第1四半期好スタート)3/31・1/30(12月通期決算・目標引き上げ)10/30(第3四半期と内容と目標引き上げ)7/29(第2四半期と目標)。株価・・・』




5月20日会員欄でのコメント   『 船井総研(東1) 827円 +9円2月3月のボトム730円や760円に向かう可能性は相当に低く、押しても800円前後がせいぜいでしょう。それどころか、12/3の昨年来868円を静かに抜いて行くつもりのようです。もし80円前後にでも押せば強気買い。このままの調子なら、このまま静かに強気買い。明日以降も陽線ならこのまま高値に。820円を割るようなら800円前後に押すかもしれません。4/30(第1四半期好スタート)3/31・1/30(12月通期決算・目標引き上げ・・・』




4月30日会員欄でのコメント   『 船井総研(東1) 798円 −13円第1四半期を発表。売上29%増29.6億円、営業益23%増8億円、経常24%増8.2億円、純益15%増4.3億円、一株純益15円で着地。スタートダッシュに成功したと言えるでしょう。このスタートで、第2のそれぞれ60億円・14億円・14億円・8億円・28円の上方修正はほぼ確実でしょうし、12月通期の売上120億円、営業益28.5億円、経常28.5億円、純益17.5億円、一株純益62円の修正も視野になったと考え、明日はこのまま買い場探し。一旦200日線780円前後にもし押しても、押してもそのまま新規もナンピンも強気買いとします。連休明け後にいずれ本格上昇開始と考えて。820円に向けて上昇する様ならそのまま12月高値868円抜けに挑戦と考え、820円を抜くようなら強気で追撃買いするように。3/31・1/30(12月通期決算・目標引き上げ)10/30(第3四半期と内容と目標引き上げ)7/29(第2四半期と目標)。株価目標@870〜900円A・・・』


6月20日(金) 更新(13:03)
(4725) CAC  1237円  +18円(年初更新中)


6月19日会員欄でのコメント   『 CAC(東1) 1209円 +13円年初更新。今週で5陽連ですが、少し買い疲れたかも。年初更新し続けた銘柄の一部には一服(鴻池運輸など)しているものもいるので、同社も一服するかも。しかし鴻池運輸もそうですが深押しも無し。深押しするほど急騰もしていませんから。打診買いして来週の動きでゆっくりと追加買いの場面探し。押しても1100円〜1140円くらいを想定しています。深押しでもしてくれれば下記のメディアGL同様にその押しから倍返しで強気買い。今日の高値1225円を来週も抜くならこのまま1500円と考えそこも強気買いするように。今日一応08年高値1220円を抜いています。06年の1614円に向かい始めたもの。一服してから1614円に行くか、このまま行くかを来週確認。ちなみに同社もインフォコムと似ています。医療情報関連システムの開発会社ではないものの、医薬品関連ソリューションを展開。製薬ビジネスソリューション・・』




5月28日会員欄でのコメント   『 CAC(東1) 1065円 +28円6.3億円もの株式売却益が発生し第2四半期に計上すると発表。すでに通期予想には含まれているとの事。前倒しゆえに第2で修正の可能性ということ。しかしです。営業益34億円で、経常32億円、純益23億円の今期予想にこの6億円の特益がすでに満額含まれているとはとても思えません。第2四半期の修正とともに12月通期も上方修正すると考えていて良いでしょう。明日もこのまま静かに強気買い継続。下記のコメントを。』




5月27日会員欄でのコメント   『 CAC(東1) 1038円 +19円5月発表の第1四半期は同社もスタートダッシュ成功。売上18%増の128億円、営業益39%増の11.1億円、経常19%増の9.8億円、純益70%増の7.4億円、一株純益37円。一株純資産は1116円。第2四半期のそれぞれ、245億円、15.9億円、15.2億円、11.2億円、56円に対し上振れ気味に推移中です。しかし消費税引き上げの影響を考えると、仮に上ぶれるとしてもわずかでほぼ計画通りと考えておく方が良いでしょう。しかし、足元の減速が少ないなら、ワールドITやニチリン同様に同社も12月通期を上方修正するはず。その12月通期は売上500億円、営業益34億円、経常32億円、純益23億円、一株純益115円。12月に買収戦略も成功し、金融向けでの受注拡大を目指すとともに、主力の医薬品開発支援サービスの強化にも注力。受注状況は前期比で11%増の122億円と順調で計画通り。セグメントは、@システム構築サービス→買収企業の効果が発露開始し、売上48%増の56億円、営業益3.5倍の5.3億円。Aシステム運用サービス→売上5%増の46億円で営業益は0.3%増の2.2億円。安定的。BBPO/BTOサービス→医薬品開発支・・・・』




4月19日会員欄でのコメント   『 CAC(東1) 1024円 +10円株式売却益が5.8億円発生し、第1四半期と第2四半期でそれぞれ3.6億円、2.2億円計上するとのことです。特益分はすでに決算予想に反映済みとの事。しかし、5月中旬発表の第1四半期は好スタートを見せるでしょう。上げ本番はその決算発表後からくらいに考えて、今はゆっくり買い場探し。その発表前にしずかに4/2年初1058円を抜いてはしまうはずです。上げ本番は新値を更新後の決算発表前後から(85月中旬)。3/26(医薬品開発支援サービスが増収増益で今後も好調・目標修正)2/15(12月通期・目標)。株価目標@1140〜1200円(08年高値1220円)A・・・』


6月20日(金) 更新(12:58)
(5208) 有沢製作所   747円  −6円(昨日の高値765円年初更新)


6月17日会員欄でのコメント   『 有沢製作所(東1) 711円 +33円年初を更新。同社も今日先週の高値を抜いたから今週も陽線の可能性と考え、慎重に買い場探し継続で良いでしょう。ただしここからの買いは小さく。もう6陽連です。あと2〜3本くらいの週足陽線で800円に向かうと考えても、目先のめどをその800円回復と考えていますから、ここからは小さく。強気の大玉買いは深押しの時に。5/31(増配発表)5/9(通期決算・解説)5/8(売却益計上)2/7(第3四半期と目標継続)12/17(上方修正発表)12/14(台湾持分会社の株売却)検索チェック。株価目標@700〜740円(月足遅行線雲)A・・』




6月9日会員欄でのコメント   『 有沢製作所(東1) 657円 +11円高値663円。年初を更新。まあ本当に亀のように13年高値690円抜けにトライ中。今週で週足は6陽連。SQはあるものの警戒するほど猛烈に上げているわけでもないから、押しても下値は限定的と割り切りこのまま静かに強気買い継続。5/31(増配発表)5/9(通期決算・解説)5/8(売却益計上)2/7(第3四半期と目標継続)12/17(上方修正発表)12/14(台湾持分会社の株売却)検索チェック。株価目標@700〜740円(月足遅行線雲)A・・・』




5月31日会員欄でのコメント   『 有沢製作所(東1) 631円 −3円前期の配当を前々期の8円から大きく増配し25円配当にすると発表(すでに決算発表で公表済み)。今週ですべての抵抗線を払い終えました。後は1月年初661円と13年高値690円を抜くだけ。上々の引けゆえに来週もこれにこのまま挑戦と考え、このまま静かに強気買い継続。5/9(通期決算・解説)5/8(売却益計上)2/7(第3四半期と目標継続)12/17(上方修正発表)12/14(台湾持分会社の株売却)検索チェック。株価目標は@700〜740円(月足遅行線雲)A・・』




5月9日会員欄でのコメント   『 有沢製作所(東1) 529円 +46円今期の業績予想を前向きに好感してくれています。前期は、売上12%増の302億円、営業益9.8億円(前期1.7億円赤字)、経常2.2倍の27.3億円、純益4.4倍の41億円、一株純益117円。経常は持分投資利益11億円と為替差益2億円の計上で、純益は株式売却益15億円計上のため。ですから良い数字ではあれ正味で収益向上の構造改革がなしえたとは判断できない数字でした。対し今期予想は、売上329億円、営業益14.5億円、経常20.5億円、純益36億円、一株純益102円。一株純資産は強靭で1195円(自己資本比率は72%)。今回も経常には持分投資益計上で、純益には台湾企業の売却益計上です。しかし、今日高いのは正味の稼ぐ力の営業益が拡大したことを好感して上昇してくれているようです。良い決算です。ただし連騰はしないはずですから、今日は小さく。週明け甘くなるところを強気で買い対応するように。ただし500円前後がドボトムですから、値ブレを気にしないならこのまま強気で買い場を探して良いでしょう。セグメントは、@電子材料→売上170億円でセグメント益16.9億円。Aディスプレイ材料→売上20億円でセグメント・・・・』




5月8日会員欄でのコメント   『 有沢製作所(東1) 481円 +6円台湾の会社の株をまた売却し29億円の特益が発生したと発表。今期の第1四半期に計上との事です。前期にも売却し14億円の特益を計上しています。これで今期の純益面の心配は無くなりました。問題は営業益経常の本業の利益です。増益となれるかどうか。強気買いはその決算を確認してからで遅くないでしょうから、ここではまだ新規もナンピンも小さく。決算発表は今日。2/7(第3四半期と目標継続・・・』


6月20日(金) 更新(12:53)
(3756)豆蔵HD   616円  +100円


6月19日会員欄でのコメント   『 豆蔵HD(東1) 516円 +80円S高日経の記事で朝から買い気配で今S高。日本マイクロソフトと組んで低コストで動画などのコンテンツ配信を行うクラウドサービスを開始すると報じられています。すでにドコモも採用するとの事です。良いニュース。50万株近くの買い物があるものの、このS高はまだこのまま買い対応とします。注意するのは明日値を付けた後。値を付けてからの換金売りで押した場面もまだ強気買いで。6/9(隠れた人材関連銘柄・今期業容拡大・目標引き上げとその理由)5/9(通期決算・解説・目標継続)3/19(東証1部昇格の記念配当を実施・セグメントから来期も増益の可能性大)11/19(第2セグメント解説・目標引き上げ)11/5(第2上方修正と目標修正)10/28(目標引き上げ)10/25・10/24(目標引き上げ)のコメントを検索チェック。株価目標は@570〜620円(週足最後の抵抗線・昨年マド下限)A・・』




6月9日会員欄でのコメント   『 豆蔵HD(東1) 412円 +4円同社もC&Rやスリープロ同様に隠れた人材関連銘柄。IT関連の技術者派遣を行っています。ウィンドウズXP終了で、まだ多くの中小企業が新製品への切り替えを終えていないために、PC需要のMCJやPCデポなどと同様に、ITサポート需要は4月以降も好調のはず。また大手企業も同社のソリューション導入を。三菱重工が同社のスマートデバイス向けソリューションを導入しました。また上記の通り、ソフト受託開発とソフト技術者派遣事業のメノックス社を3月に買収しましたから、今期はこの会社がフル寄与。多分、営業益は1〜2億円くらいの寄与を開始すると思います。また、半導体事業のジェイエムテクノロジー社も前期の22%以上の成長を今期見せるでしょうし、自動車関連向け技術支援やスマホ開発プロセス支援サービスも拡大するはず。業態は少しちがい、切り口や入口は違うものの、目指す方向性は下記のアビストやイノテックと全く同じです。これらと同様に強気で買い場探し。5/9(通期決算・解説・目標継続)3/19・・』




5月9日会員欄でのコメント   『 豆蔵HD(東1) 385円 +11円前期は、売上6%増の99.8億円、営業益22%増の10.4億円、経常10%増の10.2億円、純益1%減の5.8億円、一株純益33円。一株純資産は214円。地味な数字では当初の予想から一転して増益で着地(上方修正)し、3期連続の営業益・経常最高益更新で終了。注目の今期は、売上20%増の120億円、営業益12%増の11.7億円、経常16%増の12億円、純益20%増の7億円、一株純益40円予想と発表。文句なしに4期連続の最高益更新。また前期に行った新たな成長への施策の効果が今期から発露し始めるということで、会社想定以上の増益幅になる可能性もあります(今下期から発露開始)。連騰しないでしょうが、週明けに深押しも無いでしょうし、そもそもここがドの付くボトム。そう考えて、このまま新規もナンピンも強気買いとします。日経平均と同じで200日線404円以上で引ければ名実ともにボトム離脱&上昇サイン点灯成功となります。410円から本格買い強気買いを開始と考えていてください。ちなみに4/7の429円以上で引けると日足のすべての抵抗線を払うので強い上昇サインが点灯します。決算発表ピーク通過・・・』



Copyright (C) 2002-2004 ENE. All rights reserved.